水中ドローンは、水中でのさまざまな問題を解決するために設計された、水中を潜水・潜航しながら、撮影や作業を行うことができる、無人機の一種です。
この無人機は、危険な狭い水域でも安全に調査を行うことができます。また、小型かつ軽量なので、事前調査や現地調査に最適です。
操縦者は船上や陸上から、遠隔操作によって機体を操縦します。リアルタイムでの撮影映像を利用して、水中設備の点検や、オプション機能を使って水中サンプルの採取、レーザースケーラーを用いた計測、構造物や沈殿物、異常箇所などの調査記録を行うことが可能です。
水に関わるさまざまな分野で、水中ドローンの活用が進んでいます。

水中ドローン(ROV)について​

水中ドローンは、水中でのさまざまな問題を解決するために設計された、水中を潜水・潜航しながら、撮影や作業を行うことができる、無人機の一種です。
この無人機は、危険な狭い水域でも安全に調査を行うことができます。また、小型かつ軽量なので、事前調査や現地調査に最適です。
操縦者は船上や陸上から、遠隔操作によって機体を操縦します。リアルタイムでの撮影映像を利用して、水中設備の点検や、オプション機能を使って水中サンプルの採取、レーザースケーラーを用いた計測、構造物や沈殿物、異常箇所などの調査記録を行うことが可能です。
水に関わるさまざまな分野で、水中ドローンの活用が進んでいます。

水中ドローン活用事例

土木建築

use1

港湾施設、漁港、洋上風力発電、海中ケーブル…
水中構造物建設に関する現場確認等

インフラ設備点検​

use2

防波堤、 船舶、貯水槽、工場・インプラ、
発電所、下水道管路…等

水産業​

use3

魚介類の生育調査、水中網や水族館の点検・清掃、
海底生物採取、水質・環境調査…等

エンターテイメント・娯楽​

use4

メディアでの水中映像撮影、水族館など
レジャー施設での水中映像撮影、ダイビング、釣り堀
…などの管理等

救助・安全管理​

use5

海水浴場・河川水辺における水難救助・捜索、
台風や大雨による水害時の現場確認および
水難救助・捜索、沈没船捜索および状況確認、
水中作業現場の状況確認…等

学術調査・研究

use6

水中の環境観測、生態調査、地質学調査、
沈没船調査…等

主な運用・販売実績​

水中作業の生産性や安全性を向上させ、業務を改善することを目的に、多くの法人様から水中ドローンの活用に関するお問い合わせをいただいています。
SeaChallengeでは、お客様の業務に水中ドローンを活用した多くの実証実験に協力しています。

よくあるご質問

水中ドローンは値段が高いので利用を迷っている。

確かに、産業用の水中ドローンは高価なものが多く、保険などへの加入も必要ですので、まとまった資金が必要となります。しかし、潜水士にかかる人件費や、調査ごとに発生する諸経費などを考慮すると、水中ドローンを活用することが費用対効果が高く、かつ人間が潜ることに伴うリスクを回避し、安全に作業を行うことができます。適切な仕様の水中ドローンを選択すれば、価格をできるだけ抑えることができます。また、産業用水中ドローンの購入時には、条件に応じて補助金を活用することも可能です。

操作に免許や資格などはいりますか?

2024年現在、水中ドローンを操作するために必須となる免許や資格はありません。しかし、魚を傷つける可能性や水中ドローンの故障を防ぐため、安全に操作するための空間把握能力、知識、操縦スキルが必要です。また、港の作業や船舶の航行に関する法律が存在し、これに従い報告が求められます。

どの水中ドローンがいいか判断できない。おすすめはありますか?

様々な場面に特化した水中ドローンがありますので、利用目的や場所に応じておすすめできる水中ドローンが異なります。例えば、養殖場やインフラ設備の点検の場合は、より見やすい映像と明るさが重要となります。一方、不審物や障害物の回収調査では、繊細な動きが可能なアームと長時間稼働が可能なバッテリーが重要です。

かなりの砂利や貝殻等が巻き起こる事が予想される。すぐに故障はしないか?

環境に合わせた最適な水中ドローンをご提供いたします。砂利や貝殻などの巻き込みを大幅に防止する機能を搭載しており、安心してご利用いただけます。ただし、故障を回避するためには、ご利用の水中ドローンに適した適切な洗浄や保管が重要です。

水中ドローンを導入するとどんなメリットがある?

これまで、水中への潜水作業はすべて人間が行ってきましたが、無人である水中ドローンの導入により、作業を安全かつ効率的に実施することが可能になります。人間が潜ることができないような水深や、狭いスペース、崩壊の危険がある場所にも安全にアクセスできるため、これまで調査が難しかった領域への調査が可能になります。

お問い合わせ

水中ドローンを使用した水中調査に関するご相談はこちらから。
お客様のビジネスでの水中作業の利便性、安全性の向上、コスト削減など、ご要望をお聞きしながら、最適な水中ドローンを使用した調査を行います。お困りのことや、水中ドローンを活用できるかどうかの疑問も含め、まずはお気軽にSeaChallengeにご相談ください。

    お電話でのお問い合わせ

    通常業務のご相談
    045-744-9481

    ロボット等のご相談
    045-294-4255

    メールでのお問い合わせ

    通常業務のご相談
    sch-sensui@sea-challenge.com

    ロボット等のご相談
    y.nagai@sea-challenge.com

    PAGE TOP