UAV(unmanned aerial vehicle)、通称ドローンは、近年急速に普及し、さまざまな分野でその存在感を増しています。ドローンは、もともと軍事目的で開発された技術ですが、技術の進歩とコストの低下により、一般市場にも広がりました。現在では、エンターテインメントから産業、医療、災害対策まで、幅広い用途で使用されています。

現代社会において、ドローンの利用はますます広がっています。空中を自在に飛行するUAVは、従来の方法では難しかった作業を効率的に行うことができ、その可能性は多岐にわたります

ドローン業務について

SeaChallengeでは港湾調査はもちろん、その他の分野においてもドローンを活用した様々なサービスを提供しております。是非、お気軽にご相談くださいませ。

ドローン活用事例

土木建築

3518155_m (2)

写真測量/レーザー測量、地形調査など
3Dモデリング、施工現場の出来高管理など

インフラ設備点検​

橋梁

橋梁、送電鉄塔、太陽光パネル、風力発電設備
鉄道、石油・ガスパイプラインなど

農業

農業

農薬散布、種撒き、害虫防除
生育状況管理、植生マッピングなど

エンターテイメント・娯楽​

ドローンショー

メディアでの空中映像撮影など
ドローンレース、ドローンショーなど

救助・安全管理​

use5

山岳事故、海難事故における救助・捜索、
台風や地震などの自然災害における現場確認など

生産性や安全性を向上させ、業務を改善することを目的に、多くの法人様からドローンの活用に関するお問い合わせをいただいています。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

よくあるご質問

ドローンサービスの料金はどのように決まりますか?

料金は、サービスの種類、使用するドローンの機種、飛行時間、現場の条件などに応じて異なります。お客様の具体的な要件をお伺いした上で、お見積もりを提示させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

操作に免許や資格などはいりますか?

2024年現在、ドローンを操作するためには免許や資格は必要ありませんが、規制がある区域で操作する際には免許や資格が必要となります。
規制がある区域とは人口密集地、150m以上の上空、空港付近などが挙げられます。
弊社では必ず有資格者が対応いたしますので、ご安心ください。

落下の危険性などはありますか?

ドローンの操作中は、常に補助者が監視しており、安全に配慮して作業を行っています。最新の技術と厳格な安全基準を遵守することで、落下などのリスクを最小限に抑えています。お客様の安全と安心を第一に考えた運用を徹底していますので、どうぞご安心ください。

ドローンを使った点検や調査はどのような利点がありますか?

ドローンを使用することで、高所や危険箇所の点検を安全かつ効率的に行うことができます。また、広範囲の調査を短時間で行え、リアルタイムで高精度なデータを取得できます。これにより、コスト削減と作業効率の向上が期待できます。

天候が悪い場合でもドローンは飛行できますか?

安全を最優先に考え、悪天候(強風、大雨、雷など)の場合は飛行を中止することがあります。

お問い合わせ

ドローンを使用した業務に関するご相談はこちらから。
お客様のビジネスでの作業の利便性、安全性の向上、コスト削減など、ご要望をお聞きしながら、最適なドローンを使用した業務を行います。お困りのことや、ドローンを活用できるかどうかの疑問も含め、まずはお気軽にSeaChallengeにご相談ください。

    お電話でのお問い合わせ

    通常業務のご相談
    045-744-9481

    ロボット等のご相談
    045-294-4255

    メールでのお問い合わせ

    通常業務のご相談
    sch-sensui@sea-challenge.com

    ロボット等のご相談
    y.nagai@sea-challenge.com

    PAGE TOP