水中ドローンの活用と課題①

水中ドローンとは

みなさんは水中ドローンをご存じでしょうか。
空中を飛ぶドローンは知っていても、水中ドローンを知っている人は少ないかもしれませんね。

水中ドローンとは陸上から操作できる無人水中探査機のことを指します。

水中ドローンの先端にはカメラがついており、その映像をリアルタイムでコントローラーに映すことで
安全な陸上から水中の様子を見ることができます。

元々は潜水士と呼ばれる専門家が水中に潜り作業を行っていたのですが、危険が伴う作業のため
安全にできる方法がないか模索され続けていました。

そのような背景から、水中ドローンが注目されるようになりました。水中ドローンは、人間が潜ることのできない深さまで到達し、より長時間にわたり作業を行うことが可能です。これにより、潜水士が行っていた危険な作業を代替し、安全性を高めることができるのです。

水中ドローンの活用範囲は非常に広がっています。例えば、海洋調査や港湾調査においては、海底の地形や生態系を詳細に観察することができます。また、船体や海洋構造物の点検、環境モニタリング、さらには水中考古学における遺物の発見と調査など、多岐にわたる分野で利用されています。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP